結婚式までの準備が楽

結婚式の準備って大変ですよね。一般的な結婚式なら平均で半年、長ければ1年程度の準備期間が必要です。一方、少人数の結婚式の場合、規模の小さい結婚式になるので圧倒的に準備が楽です。長くても半年、早ければ3ヶ月程度で結婚式を挙げられます。招待客は家族・親族、親しい友人に絞られるので、招待客のリストアップや席次決めに悩まされる心配もありません。ドレス選びや料理選びなどに多くの時間を割くことが出来るわけです。

リラックスした雰囲気の結婚式に

一般的な結婚式では職場の上司を招待するのはよくあることです。また、新郎と新婦で招待客に差がある場合、それを調整するために余り親しくない人まで招待するケースもあります。しかし、これでは招待する側もされる側もお互いに気を使うのでリラックスした雰囲気にはなりませんよね。少人数の結婚式の招待客は家族・親戚と親しい友人が中心なので、気を使わずリラックスした結婚式にできます。人数が少ない分、招待客の1人1人と話す機会も持てますからね。

結婚式の費用が抑えられる

少ない費用で結婚式を開催できるのも、少人数結婚式の魅力です。最近は式場側も少人数結婚式に対応したプランを用意している場合があるので、低予算で質の高い結婚式が実現しやすいですよ。結婚式の費用はご祝儀との兼ね合いもあるので、人数の多い結婚式の方がトータルでは黒字になる可能性もあります。ただ、初期費用が抑えられるのは間違いありません。仮に想定よりご祝儀の総額が少なくても、元々の費用が大きくないので大きな赤字になることはありません。

家族婚は、最小限の人数で挙式をすることができ、費用の負担が軽いことから、多くのカップルの間で人気があります。