婚約指輪はいつ渡すの?

ドラマでプロポーズする時に一緒に婚約指輪を渡すシーン見かけますよね。インパクトが強すぎてプロポーズの時に婚約指輪を用意しないといけない?って思う男性の人がいるかもしれませんが、その必要はありませんよ。婚約指輪は婚約の記念品です。正式に女性に渡すのは結納の時や両家の顔合わせの時でいいのでそれまでに用意すれば大丈夫です。プロポーズに間に合うようにと急いで買ったものの、彼女に気に入って貰えなかった、サイズが合っていなかった、ではがっかりされてしまうのでサプライズで喜ばせてあげたい!という人以外は用意しなくても大丈夫ですよ!

給料の3か月分って本当?

婚約指輪は給料の3カ月分。そんな言葉聞いたことありますか?3か月分もするなら婚約指輪の費用を貯めないと、と真っ青にならなくても大丈夫ですよ。これも、昔のテレビから続いている言葉です。インパクトが強いのでずっと頭の中に残っているんでしょう。今の婚約指輪の相場は、30万円程と言われています。ブランドやデザインや宝石の大きさや数によって値段は全く違ってきます。リーズナブルな値段でも十分可愛らしいデザインの物も多くあります。彼女の希望に合う物をプレゼントしてあげてくださいね!

婚約指輪にもマナーがあった!

あまり知られてはいませんが婚約指輪にもマナーがあるんですよ。実は、結婚したあとに結婚式に招待された場合、結婚指輪と婚約指輪は重ねづけをして出席することが正式なマナーと言われているんです。今、オシャレで結婚指輪と婚約指輪を重ねづけをする人が多いですが実はこれもれっきとしたマナー。両方身につけて参列すれば常識ある人、という印象を持たれること間違いなしですね。大人の女性の礼儀としても、指輪を選ぶ時に重ねづけ出来るようなデザインのものを選ぶのもいいですね。

婚約指輪はイベント時にしか装着しないケースも多いので、派手な装飾がある指輪を購入してもいいのではないでしょうか。